​講師・入会について

​新着情報

お問い合わせ

東神奈川英語・音楽教育研究所

045-514-5884

hkmriq@gmail.com

​レッスン中など電話が繋がりにくい場合がございますので、

メールにてお問い合わせください。

​東神奈川音楽教育研究所

​中高生英語コース

4技能における実践的な英語力を身につけ

​グローバルに活躍する将来を拓く

論理的思考力を可能とする​英語の実力を養う

昨今グローバル化の進む現代社会では、コミュニカティブ志向が高まり、求められる英語力が "知識としての英語力" から "実用的な英語力" へと変化しています。中学・高校英語において英作文・英会話・英語プレゼンテーションなどの発信型コンテンツが増加しており、大学入試においても2020年から4技能(リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング)を評価する民間資格検定試験が導入されることとなりました。

これらの変化に伴い、従来に比べ多面的でより高い英語力が大学入試で問われるようになってきています。英検やTOEFL、IELTSなどの民間資格検定試験では、英語で自身の意見を論述するなど、論理的に思考し尚且つ "英語文化にならい英語で表現する力" が問われます。これは問題解法を身につけ高得点を狙う従来の英語試験対策では太刀打ちできないレベルであり、英文法などの徹底した英語基礎力に加え、4技能の実践的英語力の習得が求められます。

当教室では、学校英語を先取りした文法学習と4技能を統合した独自カリキュラムを通し、解法に頼らずとも民間資格検定試験で高得点を取得できる "実力養成" を目指します。日々の授業では試験で問われる社会問題や学術トピックを扱い文章読解を行うほか、ディスカッションやエッセイ作成を行います。これにより問題形式に慣れることはもとより、英語による論理的思考力・表現力を養うことが可能となります。また、定期的にネイティブスピーカーとメールやスカイプなどを通して英語を実践的に使用する体験を通し、さらなる英語力の飛躍を目指します。

英検,

TOEIC​, TOEFL, IELTS

​対応

​先取り

文法学習

​4技能統合型学習

各種民間資格検定試験対策

グローバルな社会で活躍できる

英語力習得

第二言語習得理論にもとづいた統合型カリキュラムによって

大学入試に応用できる英語の実力を養成

当教室では、第二言語習得学(Studies of Second Language Acquisition)で提唱されている理論にもとづきカリキュラムを作成しており(Praxis Curriculum)、英語を外国語として学ぶ中高生が効率よく包括的に4技能を伸ばしていくことを目標としています。

また、日々の学習に加えて各種英語検定の指導トレーニングを受けた講師による試験対策・演習を定期的に行うことにより、実力にプラスアルファの"問題解法"を加え、さらなる高得点を目指します。

日々の学習

​▷先取り文法学習

​​▷社会問題やアカデミックトピックを

 使用した4技能統合型学習

▷単語学習と発音学習

定期的な試験対策

▷解き方からタイムマネジメントまで

 徹底した指導

​​▷公式試験問題や予想問題を使用した

 試験演習

▷    英語の

   実力養成

▷  試験での

    高得点取得

Grammar learning  

-学生主体の"気づき"を促す文法学習- 

Schmidt (2010)の提唱する"気づき理論"では、第二言語習得には気づきが不可欠であり、ある文法事項に学習者が意識的に気づいた時、習得への一歩がはじまると言われています。この"気づき理論"にもとづき、当教室では生徒さんの気づきを促す効率的な文法学習を行います。​当教室では教師が主体となり文法を説明し、膨大な量の問題を解かせることによって英文法を暗記させるようなことはいたしません。問題を解く代わりに、生徒さんが自主的に英文法の規則性に気づき、論理的に文法を捉え納得し、理解したルールを応用した効率的な文法学習を行います。これにより、学習時間を大幅に削減し、詰め込み学習をせずとも文法の先取り学習が可能となります。

当教室では、中学3年間のうちに中学高校英語の文法範囲を終了し、高校3年間では習得した文法を応用した4技能の養成を中心に、さらなる英文法の定着と範囲外の文法学習を行なっていきます。

Integrated learning of the four skills   

-4技能の統合型学習- 

第二言語習得にはインプット同様アウトプットが重要な役割を果たしており、アウトプットすることで学習者に内在する知識が発展し習得されていくと言われています(Swain [1987] の提唱する"アウトプット仮説")。そのため、当教室ではリーディングとリスニング演習によりインプットを与えるほか、ライティングとスピーキング演習を積極的に行い、アウトプットの機会を十分に提供いたします。

生徒さんのインプット・アウトプット機会を提供するため、当教室では4技能の統合型学習をカリキュラムに取り入れており、社会問題や学問など核となるトピックに関して4技能を使用した多面的学習をいたします。

-Reading-

スラッシュリーディングを身につけることによって英文を日本語に訳さず英語のまま読む力を養うほか、英語文化における文章構造などを学ぶことで、素早く正確に情報を読み解く力(速読力)を養っていきます。初級より論理性の高い社会問題・学術トピックを扱うテキストを使用することで、英語においても論理的思考を行う姿勢を早くから身につけ、TOEFLや英検、IELTSなどの民間資格検定試験において高成績を残していける応用力を養います。

-Listening-

リーディングテキストの音源やトピックに関連するポッドキャスト、ビデオ視聴を通し、リスニングスキルを鍛えます。聴き取れるようになるまでただ繰り返し聴くのではなく、オーバーラッピング・ディクテーション・シャドウィングのスリーステップトレーニングを行うことで英語を訳さず理解できる力を養います。また、単語レベルでの認識能力を高めるため、発音トレーニングも取り入れていきます。

-Writing-

リーディング・リスニングタスクによるインプットの後には、そのトピックに関する意見論述やテキスト内容の要旨作成などを通しアウトプットを行いライティングスキルを磨いていきます。英語エッセイは日本語エッセイと構成が異なり、日本語で好まれる起承転結をそのまま英語エッセイに転用することはタブーとされています。当教室では英語エッセイにおける基礎構成指導はもちろん、米国大学院を修了した講師による上級論文指導も授業に取り入れており、鍛えられたライティングスキルは民間資格検定試験でのハイスコア獲得に直結します。

-Speaking-

生徒さんが高いモチベーションを持ち今後の学習を効率的に進めていけるよう、レッスンでは導入としてまずトピックに関するディスカッションを行います。ここではトピックを身近に感じることができるよう、トピックを一般化した質問を通して英会話を行います。また、ライティングのブレインストーミングを英語で行うほか、ライティング課題として書き上げた原稿をもとに要旨・意見論述を口頭で行います。日々このようなスピーキング経験を重ねることによって、TOEFL・IELTSのスピーキングセクションや英検2次など「論理的に考え英語で話せる力」を問う試験での高得点が可能となります。

Vocabulary and Pronunciation 

-単語学習と発音トレーニング-

​英語の意味を正しく聞き取り、伝わる英語を話すためには正しい発音で英単語を覚え、発することが必須です。例えば日本語の母音が5つであるのに対し、英語の母音は12ほどあります。そのため英語特有の母音/子音が発音ができないと伝達において誤解が生じてしまうのです。そのため当教室では、徐々に英語特有の発音を身につけられるよう、フォニックスや英語の発音記号を授業内で適宜紹介しつつ、リーディング/リスニング/スピーキング/ライティングの各セクションを学びながら同時に発音トレーニングを行なっております。また、自宅学習の中でも英語の発音を意識しながら日頃から質の高い単語学習に励むことができるようオンライン教材も併用しております。例えば言語学者がCambridge English Corpusの2億語のコーパスから抽出して頻出単語を作り出した、基本英単語NGSL(2818語)やアカデミックの単語に特化したNAWL(963単語)の単語学習を行なっております。

​中高生英語コース

4技能における実践的な英語力を身につけ

​グローバルに活躍する将来を拓く

論理的思考力を可能とする​英語の実力を養う

昨今グローバル化の進む現代社会では、コミュニカティブ志向が高まり、求められる英語力が "知識としての英語力" から "実用的な英語力" へと変化しています。中学・高校英語において英作文・英会話・英語プレゼンテーションなどの発信型コンテンツが増加しており、大学入試においても2020年から4技能(リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング)を評価する民間資格検定試験が導入されることとなりました。

これらの変化に伴い、従来に比べ多面的でより高い英語力が大学入試で問われるようになってきています。英検やTOEFL、IELTSなどの民間資格検定試験では、英語で自身の意見を論述するなど、論理的に思考し尚且つ "英語文化にならい英語で表現する力" が問われます。これは問題解法を身につけ高得点を狙う従来の英語試験対策では太刀打ちできないレベルであり、英文法などの徹底した英語基礎力に加え、4技能の実践的英語力の習得が求められます。

当教室では、学校英語を先取りした文法学習と4技能を統合した独自カリキュラムを通し、解法に頼らずとも民間資格検定試験で高得点を取得できる "実力養成" を目指します。日々の授業では試験で問われる社会問題や学術トピックを扱い文章読解を行うほか、ディスカッションやエッセイ作成を行います。これにより問題形式に慣れることはもとより、英語による論理的思考力・表現力を養うことが可能となります。また、定期的にネイティブスピーカーとメールやスカイプなどを通して英語を実践的に使用する体験を通し、さらなる英語力の飛躍を目指します。

英検,

TOEIC​, TOEFL, IELTS

​対応

​先取り

文法学習

​4技能統合型学習

各種民間資格検定試験対策

グローバルな社会で活躍できる

英語力習得

第二言語習得理論にもとづいた統合型カリキュラムによって

大学入試に応用できる英語の実力を養成

当教室では、第二言語習得学(Studies of Second Language Acquisition)で提唱されている理論にもとづきカリキュラムを作成しており(Praxis Curriculum)、英語を外国語として学ぶ中高生が効率よく包括的に4技能を伸ばしていくことを目標としています。

また、日々の学習に加えて各種英語検定の指導トレーニングを受けた講師による試験対策・演習を定期的に行うことにより、実力にプラスアルファの"問題解法"を加え、さらなる高得点を目指します。

​カリキュラム

日々の学習

定期的な試験対策

​▷先取り文法学習

​​▷社会問題やアカデミックトピックを

 使用した4技能統合型学習

▷単語学習と発音学習

▷解き方からタイムマネジメントまで

 徹底した指導

​​▷公式試験問題や予想問題を使用した

 試験演習

▷    英語の

   実力養成

▷  試験での

    高得点取得

Grammar learning  

-学生主体の"気づき"を促す文法学習- 

Schmidt (2010)の提唱する"気づき理論"では、第二言語習得には気づきが不可欠であり、ある文法事項に学習者が意識的に気づいた時、習得への一歩がはじまると言われています。この"気づき理論"にもとづき、当教室では生徒さんの気づきを促す効率的な文法学習を行います。​当教室では教師が主体となり文法を説明し、膨大な量の問題を解かせることによって英文法を暗記させるようなことはいたしません。問題を解く代わりに、生徒さんが自主的に英文法の規則性に気づき、論理的に文法を捉え納得し、理解したルールを応用した効率的な文法学習を行います。これにより、学習時間を大幅に削減し、詰め込み学習をせずとも文法の先取り学習が可能となります。

当教室では、中学3年間のうちに中学高校英語の文法範囲を終了し、高校3年間では習得した文法を応用した4技能の養成を中心に、さらなる英文法の定着と範囲外の文法学習を行なっていきます。

Integrated learning of the four skills   

-4技能の統合型学習- 

第二言語習得にはインプット同様アウトプットが重要な役割を果たしており、アウトプットすることで学習者に内在する知識が発展し習得されていくと言われています(Swain [1987] の提唱する"アウトプット仮説")。そのため、当教室ではリーディングとリスニング演習によりインプットを与えるほか、ライティングとスピーキング演習を積極的に行い、アウトプットの機会を十分に提供いたします。

生徒さんのインプット・アウトプット機会を提供するため、当教室では4技能の統合型学習をカリキュラムに取り入れており、社会問題や学問など核となるトピックに関して4技能を使用した多面的学習をいたします。

-Reading-

スラッシュリーディングを身につけることによって英文を日本語に訳さず英語のまま読む力を養うほか、英語文化における文章構造などを学ぶことで、素早く正確に情報を読み解く力(速読力)を養っていきます。初級より論理性の高い社会問題・学術トピックを扱うテキストを使用することで、英語においても論理的思考を行う姿勢を早くから身につけ、TOEFLや英検、IELTSなどの民間資格検定試験において高成績を残していける応用力を養います。

-Listening-

リーディングテキストの音源やトピックに関連するポッドキャスト、ビデオ視聴を通し、リスニングスキルを鍛えます。聴き取れるようになるまでただ繰り返し聴くのではなく、オーバーラッピング・ディクテーション・シャドウィングのスリーステップトレーニングを行うことで英語を英語の語順のまま訳さず理解できる力を養います。また、単語レベルでの認識能力を高めるため、発音トレーニングも取り入れていきます。

-Writing-

リーディング・リスニングタスクによるインプットの後には、そのトピックに関する意見論述やテキスト内容の要旨作成などを通したアウトプットを行い、ライティングスキルを磨いていきます。英語エッセイは日本語エッセイと構成が異なり、日本語で好まれる起承転結をそのまま英語エッセイに転用することはタブーとされています。当教室では英語エッセイにおける基礎構成指導はもちろん、米国大学院を修了した講師による上級論文指導も授業に取り入れており、鍛えられたライティングスキルは民間資格検定試験でのハイスコア獲得に直結します。

-Speaking-

生徒さんが高いモチベーションを持ち今後の学習を効率的に進めていけるよう、レッスンでは導入としてまずトピックに関するディスカッションを行います。ここではトピックを身近に感じることができるよう、トピックを一般化した質問を通して英会話を行います。また、ライティングのブレインストーミングを英語で行うほか、ライティング課題として書き上げた原稿をもとに要旨・意見論述を口頭で行います。日々このようなスピーキング経験を重ねることによって、TOEFL・IELTSのスピーキングセクションや英検2次など「論理的に考え英語で話せる力」を問う試験での高得点が可能となります。

Vocabulary and Pronunciation 

-単語学習と発音トレーニング-

​英語の意味を正しく聞き取り、伝わる英語を話すためには正しい発音で英単語を覚え、発することが必須です。例えば日本語の母音が5つであるのに対し、英語の母音は12ほどあります。そのため英語特有の母音/子音が発音ができないと伝達において誤解が生じてしまうのです。そのため当教室では、徐々に英語特有の発音を身につけられるよう、フォニックスや英語の発音記号を授業内で適宜紹介しつつ、リーディング/リスニング/スピーキング/ライティングの各セクションを学びながら同時に発音トレーニングを行なっております。また、自宅学習の中でも英語の発音を意識しながら日頃から質の高い単語学習に励むことができるようオンライン教材も併用しております。例えば言語学者がCambridge English Corpusの2億語のコーパスから抽出して頻出単語を作り出した、基本英単語NGSL(2818語)やアカデミックの単語に特化したNAWL(963単語)の単語学習を行なっております。

Lesson topic:

Fast food in everyday life

Speaking & Listening

Discuss general questions (Schema building)

"Do you often eat fast food?"

"Why do you like fast food?"

Reading

Read a passage with four or five paragraphs about fast food, and answer comprehension questions (+ vocabulary)

統合型学習によるレッスンの一例

Listening

Watch a short video clip about fast food, and answer comprehension questions.

(+ 3 step training & Pronunciation training)

Speaking & Listening

Discuss the advantages/ disadvantages of eating fast food for children.

"What are the good/bad things about eating fast food?"

"Do you think eating fast food is good for children?"

Writing

Write a 4-5 paragraph essay following "introduction-body-conclusion" English structure.

"Do you think it is a good thing for children to eat fast food?"

​Presentation

​コースのご紹介

当教室では、生徒さんの学年・レベル・目標にあわせた5つのコースをご用意しています。生徒さん一人一人のご希望に寄り添った学習プランを作成し、満足度の高く洗練されたレッスンをご提供しております。

Junior high school <Basic course>

中学生基礎コース

中学生基礎コースは、英文法の基礎学習・英語4技能の基礎固めを行なうことで、英語に対する苦手意識を克服し英語力をさらに伸ばしていくコースです。苦手なままにしてしまっている文法事項は学習し直し身につけるなど、文法力を積み上げていく学習を行う他、ご希望に応じ学校の予習・復習も行います。また、当教室で採用しているテキストブックに加え英字新聞やニュース・ポッドキャストなどを教材として用いたり、英語でメールのやり取りや様々なトピックを用いた英会話を行うことで、モチベーションを高めつつ英語4技能も無理なく育てていきます。学校の中間・期末試験の成績向上のほか、英検(〜3級)の取得やGTECなどでのハイスコア取得も目指します。

レッスン料

60分×月4回  ¥15,000/月

90分×月4回  ¥20,000/月

Junior high school <Advanced course>

中学生上級コース 

中学生上級コースは、中学校3年間のうちに高校英語範囲の英文法習得を完了し、英検・TOEFLなどの民間検定試験に向けた英語4技能すべての底上げを中学生の頃より行うコースです。国内外の厳選されたテキストを用いて文法学習を行うほか、統合型カリキュラムレッスンでは英語書籍、英字新聞やニュースなどを教材として用い、リーディング・リスニング力を鍛えます。また、各種英語資格検定試験受験を想定して論理的に英会話を行う練習を行うとともに、論理的な英語エッセイの書き方も学んでいきます。

実力での英検(準2級以上)の取得やTOEFL Junior・TOEIC・GTECなどでのハイスコア取得を目指します。

レッスン料

60分×月4回  ¥17,000/月

90分×月4回  ¥23,000/月

High school

高校生コース

高校生コースでは大学入試試験・民間資格検定試験で問われる、論理的思考力を可能とするレベルの英語4技能の習得を目指します。数年後に控える入試対策として文法演習・読解問題の解き方のみを学びがちですが、当教室では文法演習を行うとともに、社会問題や理系文系さまざまな学術トピックのエッセイ読解・リスニング演習・ディスカッション・作文課題を通した4技能統合学習を行い、英語で論理的に思考したり意思の疎通を行うためのスキルを磨きます。また、4技能の実力そのものを養った上で短時間で正しく解く問題解法を学んだり試験演習を行い、学校の中間・期末テストはもとより模試、各種民間英語資格検定試験でのハイスコア取得を目指します。

レッスン料

60分×月4回  ¥16,000/月

90分×月4回  ¥21,000/月

Entrance examination preparation course 

高校・大学受験コース

高校・大学入試対策コースでは、生徒さんの英語の基礎力を養い苦手分野をなくすと同時に、どのような形式の問題でも確実に点数を取る応用力を積み上げていきます。また、志望校の試験傾向を分析し、各々の性格、能力、ペースを考慮した上で、志望校にあわせた対策・過去問演習を集中的に行っていきます。AO入試や評定のための各種英語試験対策も行うほか、大学入試を目指す生徒さんには、性格や英語力などを考慮し各々に合った民間検定試験を選び試験対策を行っていきます。

レッスン料

60分×月4回  ¥18,000/月

90分×月4回  ¥24,000/月

English proficiency tests preparation course

各種英語検定対策コース

​各種英語検定対策コースでは、問題の解説授業のみを行うのではなく、生徒さんが試験本番に独力で正答にたどり着けるためのスキルを養っていきます。授業では試験の構成や設問の意図を学んだうえで問題解法のプロセスを身に付けていくほか、問題演習と並行して個々の苦手分野に合わせた文法などの復習も行っていきます。また、自宅学習の指導を行うなど、スコアアップ・合格に向け全面的に生徒さんをサポートいたします。短期で得点を上げなければいけない、試験直前、授業外でもう少し特訓をしたい生徒さん向けコースとなっております。

レッスン料

60分×月4回       ¥16,000/月~

90分×月4回  ¥21,000/月~